5年ぶりの同窓会

山梨から清水へ向かう深緑の国道52号線は帰省渋滞。
カーコンポに元春、浜省、サザンのCDを繰り返し
突っ込み口ずさむ。今日だけはAKBも嵐も勘弁なんだ。
清水バイパスに入ると、やっと海が開けた。
*
高校を卒業してから何年経ったのか、もはや両手両足指を
どう折っても全く足りはしない、27年・・・。
自分を省みれば、性格はあいかわらず飽きっぽく人見知り激しく、
日々の生活は苦しいし、隣の芝生は青く見えるし、不倫するほどの
甲斐性もないし、ストレスをビールで流し込むし、腹は出るし、
そんなこんなの27年・・・いちいち書くほどのことでも無いな。
*
撮影機材を抱えて、清水マリンビルに定刻に滑り込む。
加齢臭やコロン、溜息や鼻息が充満したエレベーターを降りて会場に。
まず迎えてくれたのは、我がクラス女子幹事の元気な笑顔!!
「変わらないね!」とお互いに第一声。
前回、第1回の開催から5年「変わらない」は、ほめ言葉と勝手に解釈。
参加者は140名、前回よりは減ったらしいが、よく集まったものだ。
今回も頼まれて写真を撮影することになった。事務局サイドよりの撮影代
を支払うからという話を丁重に断る。ノドから手が出そうだったが、
もらったら、お酒飲めなくなるじゃないか!
*
実際には飲んでいるヒマなく、次々とクラス集合写真の撮影となった。
8組ともまとまりが無いのが「らしく」嬉しい。
以下、撮影しながらの感想を箇条書きに。
「こいつ、誰だっけ?」
・・・たぶん向こうもそう思っているだろう
「老けたな~、カッコよかったのに。ただのオッサンやん」
・・・たぶん向こうもそう思っているだろう
「そういえば、このコ、ちょっと好きだったよなあ」
・・・たぶん向こうもそう思ってくれていると嬉しい

*
おそらくは、人生に、現状に、百パーセント満足している奴はいないだろう。
みんな何かしらの問題や不安を抱えているだろうし、勢いで立ち向かえるほど、
心も体も若くはない。なんとか倒れないように踏ん張ってるのだろう。
*
では何が支えているのか。家族であり、友達だ。
同じ時間に、同じ校舎で学び、同じグラウンドを走った仲間。
もっと寄りかかってよかったのだ、同窓生に。
着飾って、カッコつけなくても、大風呂敷を広げなくても。
自然に素のままでいれば良かったのだ、同窓生に。
「いやあ、俺もつらくてさ、聞いてくれる?」って。

それでいいだろ?
[PR]
by rocknrollnight | 2011-08-16 18:37
<< ランナーズ、ハイ!(前編) Flowers In The ... >>